グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



就職情報

ホーム >  就職情報 >  卒業生たち >  四季株式会社|コスチューム

四季株式会社|コスチューム


「一緒にやれて、一番うれしい衣裳さんだよ」
俳優さんからの言葉が仕事の糧になっています

<PROFILE>中学3年の春休みにイギリスで『レ・ミゼラブル』の舞台を鑑賞。高校の授業で劇団四季『キャッツ』の舞台裏の映像を視聴し、舞台の仕事に携わりたいと考えるように。2013年に和洋女子大学家政学部服飾造形学科を卒業。同年4月にドレスメーカー学院アパレルデザイン科に入学、2014年3月に卒業。同年4月より劇団四季で舞台衣裳の仕事に携わる。担当している演目は『オペラ座の怪人』、『バケモノの子』など。

四季株式会社 舞台美術部
コスチューム
村上 佳穂さん 和洋女子大学→アパレルデザイン科
2013年度卒業
千葉県/私立和洋国府台女子高等学校出身

技術力を磨くためにドレメへ。仕事の内容は広くてさまざま

洋服に関わる仕事をしたいなと思ったのは、中学3年の終わり頃。学校の語学研修でイギリスを訪れた際、『レ・ミゼラブル』の舞台を見て、こんな世界もあるんだ!と思ったのがきっかけです。
そのときは漠然と憧れているだけでしたが、高校で劇団四季の『キャッツ』を題材にした授業があり、舞台裏の映像を見て、将来、私がやりたいのはこういう系だ!という方向が見えてきました。
舞台裏の仕事について調べるようになったのはそれからです。とはいえ、自分がやりたいことはヘアメイクなのか、小道具なのか、衣裳なのか…。高3になっても具体的なことはなかなか定まりません。
学校の先生に相談すると、「それなら大学へ行ってもう少し服飾を学んだらどうか」とアドバイスされ、親も納得してくれたので、大学に進学することに。
大学では服飾の基礎をしっかりと学ぶことができました。けれども、大学の学びはものを作ることに特化しているわけではありません。技術力をもっと磨きたいという強い思いと、卒業制作のファッションショーで衣裳の仕事に携わりたいことが明確になったこと、研究室の先生のすすめで、卒業後はドレメで学ぶことを決断。1年制のアパレルデザイン科に入学しました。
ドレメでの学びはデザイン画の描き方や自分が作ったものに対してのプレゼン力、自己アピールの仕方など、驚きがいっぱいでした。社会に出てから役立つことを教わり、めちゃめちゃ勉強になったと思います。

劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』大阪公演/撮影:阿部章仁

私は大学時代から小劇団の衣裳づくりのお手伝いをしていたので、卒業後はそのままフリーで活動することも考えました。が、親に反対されたため、一念発起。安心させたいという思いで、劇団四季を志望。無事、採用され、それからずっと劇団四季の舞台美術部で、演目に使う衣裳の調整や管理をしています。
仕事内容は多岐にわたり、デザイナーが描いた衣裳を形にすることもあれば、演目に使う衣裳に早替えの加工をしたり、メンテナンスも欠かせません。
高校の授業で資料映像として見ていた俳優さんと関わることもあり、そんなときは密かに感動しています(笑)。
ドレスのシルエットで年代がわかるような時代背景のある演目を担当するときは、勉強もします。『オペラ座の怪人』もしかりで、服装史の教科書を引っ張り出し、読み直したりすることもありました。
衣裳の仕事は「本番つき」といって、舞台の袖に入ることが多くあります。袖にいれば、お客様の熱気や反応が伝わってくるので、舞台と同じ空気感を味わえるのもこの仕事ならでは。
俳優さんが動きやすいように衣裳に工夫を施すなど、私たち衣裳の仕事をダイレクトに感じるのは俳優さんです。ある演目の顔合わせで、俳優さんに「一緒にやれて、一番うれしい衣裳さんだよ」と言われたときは感激。見ていてくれたんだ!とうれしかったですし、やっぱり糧になります。
舞台衣裳の仕事に就きたいという人は、とりあえず行動してみるのが大事です。インターネットで勉強できることもたくさんありますし、インターンを経験するのも手。技術力や知識量はもちろん、演目ごとにチームを編成するので、コミュニケーション力も必要です。ぜひ、自分から情報を取りに行くことも心がけてみてください。

※内容は取材時のものです。