グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科紹介

ホーム >  学科紹介 >  高度アパレル専門科

高度アパレル専門科


[4年制]ファッションの力でなりたい自分を追求する

本コースの特長


point1

point2

卒業後の進路

めざせる職種

クリエイティブディレクター、ファッションデザイナー、総合職、営業企画など

■ 就職

ファッションの幅広い知識と確かな技術を併せて学び、総合職・企画職やクリエーション力とビジネス知識を兼ね備えた企業デザイナーをめざします。

■ マーチャンダイザー

4年制大学卒業生の「学士」と同等とみなされる「高度専門士」の称号が付与されます。 4年制大学卒業と同等とみなされ、大学院へ進学することができます。

ブランドマネジメント[産学連携授業]

コンサルティング会社TOKIの水内大策氏の指導のもと、グループで商品企画・デザインを提案、サンプル制作・プレゼンテーションまで行う一貫した実践授業です。

インターンシップ

10日間のインターンシップを必修科目として取り入れて、アパレル企業、衣装関係、テキスタイル分野等の企業で実務体験を行います。

写真演習[産学連携授業]

ファッションにおけるビジュアル戦略を知るために、撮影パターンやシーン別に制作したアイテムをコーディネートして、完成度の高いビジュアル撮影を行い、ポートフォリオへつなげていきます。

クリエイティブデザイン II
[乙女のソーイングBOOK・産学連携授業]

(株)ブティック社発行「乙女のソーイングBOOK」とコラボし、デザインから作品制作、モデル撮影まで全過程が掲載されます。雑誌づくりの流れも学びます。

クリエイティブデザインIII

3年生では修了制作に、テーマとコンセプトに基づいた研究として4体以上の作品をデザインから制作、プレゼンテーションまで一貫して行います。

服飾造形・実習II
[TOKYO LEATHER PIGSKIN]

ピッグスキンの素材提供を受けて、皮革素材の研究からデザイン・制作し、「TOKYO LEATHER PIGSKIN」のファッションショーに出品します。

服飾造形・実習III[ブランディング]

テーマ・コンセプトを明確にし、修了制作としてデザインから素材研究、作品制作、プレゼンテーションまでを⾏います。

アパレル素材研究

オリジナルな作品発想を追求し、服飾に活かせる作品作りをめざして、染色・織物・編物などの知識とさまざまな技法を学びます。

卒業制作

4年間の集大成として、テーマとコンセプトに基づいた5体以上のコレクション作品をデザイン・制作、プレゼンテーションで審査を行います。

服飾造形から一般教養まで幅広く学びます。
服飾造形、ビジネス、クリエーションなど、ファッション教育の基本を身につけます。企画力や論理的な思考能力を養うために、一般教養科目も開講しています。

カリキュラム(2020年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習I 560
立体構成(ドレーピング&パターンメーキング)実習I 30
服飾関係 ファッション画I 60
クリエイティブデザインI 30
パターンメーキング演習I 30
アパレルCGI 60
アパレルCADI 30
アパレル素材論 30
服装史 16
色彩論I 16
産学連携関係 ファッションビジネス概論 20
リサーチ&プレゼンテーション 30
キャリアプランニング 30
特別講義I 16
一般科目 文章表現 16
ファッション実用英語 30
ビジネスコンピュータ(基礎) 30
合計 1034
※修了に必要な総授業時間数:1004時間

服飾造形を極めつつ、業界での学びをスタート。
リアルクローズにおいてオリジナリティのあるデザインを企画、立案、さらにはプレゼンテーションできるよう訓練。産学連携にも積極的に参加していきます。

カリキュラム(2021年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習II 525
立体構成(ドレーピング&パターンメーキング)実習II   30
服飾関係 クリエイティブデザインII 60
ドローイング 60
プレゼンテーションII 45
アパレルCGII 60
アパレルCADII 60
パターンメーキング演習I 30
ファッションテキスタイル 30
染色実習 30
色彩学II 16
産学連携関係 特別講義II 16
インターンシップ [60]
一般科目 中国語会話 30
ビジネスコンピュータ(応用) 30
合計 1022
※修了に必要な総授業時間数:992時間

クリエーション力を強化。ビジネスの理解も深める。
これまで学んだ知識やテクニックをさらに発展させ、コンセプトが表現できるように訓練します。その上で、素材に対するクリエーション力も身につけます。

カリキュラム(2022年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習III 480
服飾関係 クリエイティブデザインIII 60
ファブリックデザイン I 60
ダイイングデザイン I 30
ドローイングアドバンス 75
美術解剖学 15
アパレルCGIII 60
パターンメーキング演習 II 30
アパレルCADIII 60
産学連携関係 商品企画 45
特別講義III 16
インターンシップ 60
一般科目 心理学 15
ファッション実用フランス語 II 30
合計 1036
※修了に必要な総授業時間数:1006時間

学びの集大成としてプロジェクトに挑む。
産学連携の授業を通し、ビジネスという側面からクリエーション力を培います。卒業制作ではブランディングに基づいたコレクションも制作します。

カリキュラム(2023年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習IV 435
卒業制作    120
服飾関係 ファブリックデザインII 90
ダイイングデザインII 45
アパレルCG IV 60
パターンメーキング演習II 30
産学連携関係 実践商品企画 90
ブランドマネジメント 45
特別講義 IV 16
合計 931
※修了に必要な総授業時間数:901時間

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。