グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科紹介

ホーム >  学科紹介 >  服飾造形科

服飾造形科


[2年制]ベーシックな服づくりを極め、クリエーションを形にする

本コースの特長


Point 1

Point 2

Point 3

卒業後の進路

めざせる職種

ファッションアドバイザー、ソーイングスタッフ、ファッションデザイナー など

■ 就職

2年間しっかりと学んだ服づくりのテクニックを武器に、多くの卒業生がファッションアドバイザー、ソーイングスタッフなどの技術職として活躍しています。

■ 進学

デザイナーとしてさらに高度な技術を修得するため、卒業後進学課程のアパレルデザイン科ヘ進学できます。また、杉野服飾大学をはじめ4年制大学への編入も可能です。

服飾造形・実習II[産学連携授業]

「HISUI」デザイナー伊藤弘子氏の指導のもと、テーマに沿ってデザイン考案から制作まで行い、学園祭のファッションショーで披露します。

クリエイティブデザイン I

デザイナーに必要な感性を磨くため、創造する力を養い、デザインの楽しさを学んでいきます。

マーケティングプロジェクト
[産学連携授業]

ココベイ(株)中島ゆう子氏を講師に迎え、トレンド情報の把握と分析方法などを学び、グループでリサーチからプレゼンテーションまで体験学習します。

写真演習[産学連携授業]

ファッションにおけるビジュアル戦略を知るために、カメラの基礎知識から、スタジオやロケなどシーンに合わせた撮影方法を学びます。

アパレル生産技術実習[産学連携授業]

既製服の工業生産方式の縫製技術を学びます。工業パターンの重要性を理解し、工程分析を行い、短時間で効率よく進める生産技術を習得します。

卒業制作

2年間の集大成として、各自のテーマに基づき、デザインと素材について検討しながら、クリエーションや技術力を高めた1〜3体の作品を制作します。

デザイン画、パターン作成、縫製の基礎を学びます。
パターン作成から縫製まで、実習を通して服づくりのすべてのプロセスを学び、服飾造形の基礎知識と技術を修得します。服飾関係の多岐にわたるカリキュラムで、さまざまな角度からファッションの表現力を育てます。さらに、プロから指導を受ける授業を取り入れ、アパレル業界を理解するために、ファッションビジネス能力検定試験3 級の取得をめざします。

カリキュラム(2020年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習 I 540
立体構成(パターンメーキング&ドレーピング)実習 I 60
服飾関係 ファッション画 I 60
クリエイティブデザイン I 30
アパレルCG I 60
アパレル素材論  30
服装史 16
色彩学 I 16
産学連携関係 ファッションビジネス概論 20
コミュニケーションスキル 16
特別講義 I 16
就職活動対策 16
マーケットリサーチ 30
FB検定対策 16
プレゼンテーション 16
一般科目 ファッション実用英語 30
ビジネスコンピュータ(基礎) 30
合計 1002
※修了に必要な総授業時間数:942時間

デザイナーになるための進学と就職を想定した学びがスタート。
アパレルで必要な既製服の生産システムを取り入れた、より実践的な学びがスタート。数多くの作品制作を通し、応用力と創造性を培います。産学連携の授業で知識を深め、演習の中でプロから直接指導を受けながらスキルを身につけます。進路に応じて、パターンメーキング技術検定試験3級と、ファッションビジネス能力検定試験2級の取得をめざします。

カリキュラム(2021年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習 II 420
教生実習 60
立体構成(ドレーピング&パターンメーキング)実習 II 30
卒業制作 120
服飾関係 アパレルCG II 60
ファッションテキスタイル 30
ファッション画 II 60
クリエイティブデザインII 90
アイテム研究 90
パターンメーキング演習 10
アパレルCAD 60
色彩学 II 16
ファッションビジネスナレッジ 10
産学連携関係 接客スキル 30
CGプレゼンテーション 30
特別講義 II 16
一般科目 中国語会話 30
ビジネスコンピュータ(応用) 30
合計 1192
※修了に必要な総授業時間数:926時間

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。