グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学院紹介

ホーム >  学院紹介 >  院長メッセージ

院長メッセージ


「技術のドレメ」で学んだ“生きる力”

私は、ファッションを自分の生きる道と決め、勇気を持って一歩を踏み出したのがこのドレメでした。なぜドレメを選んだのかは、少人数制の中で、しっかりと基礎力である技術を身につけたいと思ったことと、ドレメの学生はセンスがいいと言われていたことの2点です。洋裁初心者の私にとって服を作るという授業は大変でしたが、気が付いたら、フォーマルドレスが縫えるようになっていました。

ドレメでファッションビジネスやファッション史を学ぶ中で夢が膨らみ、もっと勉強したいとニューヨークに留学もしました。そして、念願のファッションジャーナリストとして仕事ができるようになっていたのです。今でも感謝しているのは、ドレメは個々の特性を伸ばす校風があったこと。それから、苦手な課題を仕上げる時に、先生の励ましで前に進むことができたことです。今自分の人生を振り返ると「駿馬の尻尾につかまっていれば、蝿でさえも千里の道を走ることができる」という諺の通り、力のある先生に指導してもらったことにより、身についたことがたくさんあるのだということです。

社会に出て、乗り越えなければならない壁があっても、ドレメ時代の努力を思い出し、前に進む勇気が出るのです。ファッションを仕事にするのは、とても楽しいことです。またICTの時代に変わり、ファッション業界も若い人が活躍する場所が増えています。ドレメからあなたの夢を築いていきましょう。

PLOFILE

ドレスメーカー学院デザインアート科を卒業後、兼松江商にデザイナーとして勤務。ファッション・ディレクターをめざして、ニューヨーク州立ファッション工科大学、バルビゾンスクールに留学。卒業後、帰国。ファッション系コンサルタント会社(株)コルクルームに勤務後、(株)ファッションブレーンを設立、代表取締役に就任。事業拡張のため、(株)フォルトナボックスに社名変更。

主な仕事内容
ニューヨークと東京を中心としたファッション情報とトレンドカラー情報についての執筆・講演活動を展開。イベントや広告に関する色彩のコンサルタント、色彩検定協会認定色彩講師の養成にも関わる。

主な著書
  • 「色彩上手」(はまの出版)
  • 「 ニューヨークに行く前に読む。」(共著/繊研新聞社)