ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界で活躍したい人のための専門学校 「Doreme ドレスメーカー学院」

Doreme ドレスメーカー学院

学院紹介

  • ファッション業界の次なる戦力を笑顔とともに育てていきます

  • ドレメ式原型を考案者、洋装の普及定着と女性の自立を目指す

  • 第一線で経験を積んだ多彩な顔ぶれが、学生を直接指導

  • ドレメの正式名、ドレスメーカー女学院創立から今日まで

  • ドレスメーカー学院の同窓会、D・M・J芳和会

  • ドレメ式原型による指導を行う日本全国の系列校

  • 伝統と革新が交錯する環境で学ぶ!

  • 学院の教育の質を維持と改善を図るために自己点検・評価を実施・公開

閉じる

学科紹介

閉じる

キャンパスで学生が取り組むこと

閉じる

卒業後の進路、就職先

閉じる

募集案内

閉じる

受験生向け情報

閉じる

保護者の方へ

閉じる

企業の方へ

閉じる

一般の方へ

閉じる

学生・卒業生の方へ

閉じる

学科紹介

ドレスメーカー学院の学科構成

4学科1進学課程

服づくりの基礎から高度なクリエーションまで、
めざす分野にあわせて学べる学科構成。


ドレスメーカー学院は4つの学科と、1つの進学課程で構成されています。
めざす将来に合った学科を選ぶことで、必要な知識や技術、ノウハウをトータルに身につけることができます。いずれのコースも基礎に重点を置いた少人数制の教育や産学連携で、一人ひとりを着実にプロフェッショナルへと導きます。

学科ポジショニング

学科ポジショニング

新入学課程

服飾造形科

2年制

ベーシックな服づくりを極め、クリエーションを形にする

創立当時からの伝統を継承し、ファッション業界で必要な知識や技術をトータルに学べるドレスメーカー学院の看板学科です。服飾造形の基礎と実践的な知識や技術を身につけ、また、さまざまな角度からファッション感覚と創造性を育てます。学園祭や卒業制作など作品発表の機会も多く、楽しみながらレベルアップできるのも特徴です。ファッションアドバイザー、ソーイングスタッフ、デザイナーなど、ファッション業界のあらゆる職種を志望する人にとって、まさに基本の学科です。デザイナーとしてさらに高度な技術を修得するため、アパレルデザイン科への進学も可能です。

服飾造形科

ファッションビジネス科

2年制

ファッションビジネスに必要なI Tと実践的なスキルを身につける

ファッションビジネスの知識をトータルに備え、アパレルの流通機構を理解した上で、マネジメント能力をいかんなく発揮できる。そんな服飾界のビジネスリーダーを育成するのがこの学科です。現場で欠かせない知識はもちろん、コミュニケーション能力や編集能力・パソコンスキルも身につけられる実践的なカリキュラムが特徴です。さらにマーチャンダイジング、プレゼンテーションなども総合的に学ぶことで、マーチャンダイザー、バイヤー、ストアマネージャーなど、企画やディレクション、管理職へのレベルアップもめざせます。

ファッションビジネス科

アパレル技術科

3年制

プロのパタンナーになるための知識と技術のノウハウを吸収する

本学科が養成するのは、アパレル企業で求められる多種多様なデザインに対応できるプロのパタンナーです。1年次から実習を重視し、平面構成と立体構成の両面からパターンメーキングの知識と技術を3年間でマスターします。さまざまなアイテムの服づくりの経験を重ねるうちに、パタンナーに必要なテクニックや感性表現力、粘り強さが自然と身についてくるはずです。3年次にはレディースコースとメンズコースに分かれて専門分野を深め、万全の就職サポートのもと希望のアパレル業界への就職をめざします。

アパレル技術科

高度アパレル専門科

4年制

クリエーションとビジネスの両面からファッションを総合的に追究する

ファッションのクリエーション力と技術、そしてマネジメント能力を兼ね備えた人材育成を目標にした4年制の学科です。アパレル業界の第一線で活躍するスペシャリストの講義も多く取り入れ、常に最新の技術や知識を学べる環境を整えています。定員15名の少人数制のメリットを活かし、企業やアトリエ訪問なども実施。インターンシップや産学連携への積極参加など、クリエーションとビジネスを結びつけたカリキュラムを展開しています。この学科を卒業すると「高度専門士」の称号が取得でき、大学院への進学も可能です。

高度アパレル専門科

進学課程

アパレルデザイン科

1年制

デザイナーをめざし、より高度なクリエーションに挑む

服飾造形科やファッションビジネス科で学んだ知識や技術をベースに、さらに高度な技術や創造性を追求する進学課程の学科です。「2年間の学びでは物足りない」「デザイナーになりたい」という方に最適です。斬新な発想に欠かせない幅広い視野を養いながら、新しい時代に即した個性豊かなファッションデザイナーや企画職をめざします。また同時に、企画やテキスタイルデザイナーなどの専門職としても活躍できるよう、クリエーション力とプロ意識を向上させていきます。卒業後は高度アパレル専門科4年次への編入も可能です。

アパレルデザイン科

進学について

服飾造形科・ファッションビジネス科[ 2年制]の卒業者はアパレルデザイン科[ 進学課程・1年制]に進学できます。

編入学について

  • 服飾造形科の卒業者は高度アパレル専門科3 年次に編入することができます。
  • アパレル技術科[ 3年制]の卒業者は高度アパレル専門科4 年次に編入することができます。
  • アパレルデザイン科[ 進学課程・1年制]の卒業者は高度アパレル専門科4 年次に編入することができます。
進学・編入学

やりたい仕事から学科を選ぶ

ファッションをデザインしたい

ファッションデザイナー

服飾のイメージを創出するクリエイターです。限られた顧客の注文に応え、少量で手の込んだ服をデザインするオートクチュールデザイナーと、大量生産を前提とした服をデザインするアパレルデザイナーに大別できます。豊かな発想力と世の動きをキャッチする鋭い感覚が必要です。

テキスタイルデザイナー

服をつくるのに欠かせない布地(生地)のための糸、色や織り柄、プリント図案などをデザインする、いわば生地そのものを生み出す職種です。洋服や着物だけでなく、ネクタイやハンカチなどの小物、クロスやジュータン、カーテンなどインテリアの分野にも仕事が拡がります。

服を作りたい

ソーイングスタッフ(縫製技術)

型紙と生地を、洋服へと縫いあげるスペシャリストです。パターンからデザイナーのイメージを読み取り、布地の特性を考慮しながら、立体物に実現する力が必要です。「キレイな仕上がり」と同時に「速さ」も要求されるため、パターンを見て縫う段取りが頭に浮かぶ経験値も必要です。

パタンナー

デザイナーが創作したイメージを、パターン(型紙)におこす「アパレル産業のカナメ」といえる職種です。コンピュータシステムを利用して型紙をおこすことが仕事の中心ですが、高い技術力と、紙のイメージを、布でつくられる三次元の服へと転換する高度なセンスも必要です。

販売・企画やディレクション・管理をしたい

ファッションアドバイザー

ショップでお客様に直接対応し、メーカーやショップの売り上げの最前線を担う仕事です。接客だけでなく、コーディネートや着こなしの提案など、お客様への情報提供も重要な職務なので、接客技術や商品知識はもちろん、ファッションセンスなどトータルな能力が求められます。

マーチャンダイザー(MD)

ファッション関連企業内で、担当ブランドの企画・製品化計画を束ねる責任者です。企業によって仕事内容に幅がありますが、情報の収集・分析、シーズンごとのコンセプト設定、商品企画や素材計画を立案し、デザインの決定など、デザイナーやパタンナーを統括する立場になります。

スタイリスト

雑誌撮影や広告・テレビ・映画制作の際に、服、靴、アクセサリーなどをコーディネートする仕事です。必要なコーディネーションと着る人の個性を考慮し、現場で最良の状況を生み出すダイナミックな適応力と、事前準備や商品の返却などに対応するキメ細かさの両方が求められます。

バイヤー

商品の仕入れを担当する仕事です。自社ショップで販売する商品のラインナップを組み立てる責任者でもあり、商品知識はもちろん、その年の流行を分析しながら、需要を的確に予測し、適した商品を適量で、タイミングよく店頭に届ける能力が求められます。

プレス

ブランドやメーカーの広報・宣伝担当者。その仕事内容はマスコミ各社への商品情報の配信、商品や資料の貸し出し・提供、広告掲載や商品発表会のプランニングから実行まで、多岐に渡ります。インタビューやリリースなどで的確に伝える文章表現力やコミュニケーション能力が求められます。

オープンキャンパスに参加してDOREMEとFASHIONの魅力を体験!

オープンキャンパス 学校見学詳細を見る

学校法人杉野学園 入試広報課

東京都品川区上大崎4丁目6−19
Tel 03-3491-8151

ドレスメーカー学院の公式LINE@ @doreme
最新のオープンキャンパス情報を配信
ドレメ公式 Facebook
DOREMEの最新情報をお届け