ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界で活躍したい人のための専門学校 「Doreme ドレスメーカー学院」

Doreme ドレスメーカー学院

学科紹介

ドレスメーカー学院の学科構成

4学科1進学課程

服づくりの基礎から高度なクリエーションを学べて
めざす分野との産学連携が充実した学科構成


ドレスメーカー学院は4つの学科と、1つの進学課程で構成されています。
めざす将来に合った学科を選ぶことで、必要な知識や技術、 ノウハウをトータルに身につけることができます。いずれのコースも基礎に重点を置いた少人数制の教育や産学連携で、一人ひとりを着実にプロフェッショナルへと導きます。

学科ポジショニング

学科ポジショニング

新入学課程

服飾造形科 職業実践専門課程認定

2年制

ベーシックな服づくりを極め、クリエーションを形にする

創立当時からの伝統を継承し、ファッション業界で必要な知識や技術をトータルに学べるドレスメーカー学院の看板学科です。服飾造形の基礎と実践的な知識や技術を身につけ、また、さまざまな角度からファッション感覚と創造性を育てます。学園祭や卒業制作など作品発表の機会も多く、楽しみながらレベルアップできるのも特徴です。ファッションアドバイザー、ソーイングスタッフ、デザイナーなど、ファッション業界のあらゆる職種を志望する人にとって、まさに基本の学科です。デザイナーとしてさらに高度な技術を修得するため、アパレルデザイン科への進学や、アパレル技術科、高度アパレル専門科への編入学も可能です。

服飾造形科

ファッションビジネス科 職業実践専門課程認定

2年制

ファッションビジネスに必要なI Tと実践的なスキルを身につける

ファッションビジネスの知識をトータルに備え、アパレルの流通機構を理解した上で、マネジメント能力をいかんなく発揮できる。そんな服飾界のビジネスリーダーを育成するのがこの学科です。現場で欠かせない知識はもちろん、コミュニケーション能力や編集能力・パソコンスキルも身につけられる実践的なカリキュラムが特徴です。さらにマーチャンダイジング、プレゼンテーションなども総合的に学ぶことで、マーチャンダイザー、バイヤー、ストアマネージャーなど、企画やディレクション、管理職へのレベルアップもめざせます。さらに高度な技術を修得するため、アパレルデザイン科への進学も可能です。

ファッションビジネス科

アパレル技術科 職業実践専門課程認定

3年制

プロのパタンナーになるための知識と技術のノウハウを吸収する

本学科が養成するのは、アパレル企業で求められる多種多様なデザインに対応できるプロのパタンナーです。1年次から実習を重視し、平面構成と立体構成の両面からパターンメーキングの知識と技術を3年間でマスターします。さまざまなアイテムの服づくりの経験を重ねるうちに、パタンナーに必要なテクニックや感性、表現力、粘り強さが自然と身についてくるはずです。3年次には万全の就職サポートのもと希望のアパレル業界への就職をめざします。

アパレル技術科

高度アパレル専門科  職業実践専門課程認定

4年制

クリエーションとビジネスの両面からファッションを総合的に追究する

ファッションのクリエーション力と技術、そしてマネジメント能力を兼ね備えた人材育成を目標にした4年制の学科です。アパレル業界の第一線で活躍するスペシャリストの講義も多く取り入れ、常に最新の技術や知識を学べる環境を整えています。定員15名の少人数制のメリットを活かし、企業やアトリエ訪問なども実施。インターンシップや産学連携への積極参加など、クリエーションとビジネスを結びつけたカリキュラムを展開しています。この学科を卒業すると「高度専門士」の称号が取得でき、大学院への進学も可能です。

高度アパレル専門科
※職業実践専門課程とは
社会で即戦力となる人材養成を促すため、企業等と密接に連携して、最新の実務の知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科を文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定。カリキュラムの編成から授業の実施、教員研修や学校評価まで、企業との連携密度が高く、それらをホームページ等で広く情報提供していることが大きな特徴で、制度開始の平成26年度は全国で470校1,365学科が認定を受けている。

進学課程

アパレルデザイン科

1年制

デザイナーをめざし、より高度なクリエーションに挑む

服飾造形科やファッションビジネス科で学んだ知識や技術をベースに、さらに高度な技術や創造性を追求する進学課程の学科です。「2年間の学びでは物足りない」「デザイナーになりたい」という方に最適です。斬新な発想に欠かせない幅広い視野を養いながら、新しい時代に即した個性豊かなファッションデザイナーや企画職をめざします。また同時に、企画やテキスタイルデザイナーなどの専門職としても活躍できるよう、クリエーション力とプロ意識を向上させていきます。卒業後は高度アパレル専門科4年次への編入も可能です。

アパレルデザイン科

進学について

服飾造形科・ファッションビジネス科[ 2年制]の卒業者はアパレルデザイン科[ 進学課程・1年制]に進学できます。

編入学について

  • 服飾造形科の卒業者は高度アパレル専門科3 年次に編入することができます。
  • アパレル技術科[ 3年制]の卒業者は高度アパレル専門科4 年次に編入することができます。
  • アパレルデザイン科[ 進学課程・1年制]の卒業者は高度アパレル専門科4 年次に編入することができます。
進学・編入学

やりたい仕事から学科を選ぶ

服を企画・デザインしたい

クリエイティブディレクター

商品のコンセプトづくりから生産・販売促進・販売まで、一貫したディレクションを行うブランドビジネスの最高責任者。ブランドの世界観を表現し、広告やショップの内外装デザインなど、各担当チームの舵をとるのが役割です。高度で幅広い専門知織に加え、強いリーダーシッブが求められます。

マーチャンダイザー

ファッション関連企業において、商品を企画してマーケットに出すまでを担う仕事です。市場調査をもとに商品企画を行い、素材やデザインの検討から予算の確保、販売戦略の立案までをトータルに行います。場合によってはバイヤーのような仕事をしたり、広告のビジュアルイメージ提案やカタログ制作に携わることもあります。ファッションに関する幅広い専門知識のほかに、ビジネスの観点から ファッション業界を見通す能力やセンスが要求されます。

ファッションデザイナー

衣服のイメージを具体的なデザインとして表現する専門職。大きくは顧客の注文に応じて一点もののデザインを創造するオートクチュールデザイナーと、企業に所属し、ブランドコンセプトやシーズンテーマに基づいて大量生産を前提とした服のデザインを手がけるアパレルデザイナーに分けられます。いずれもクリエイティブな感性はもちろん、素材やバターンメーキングの知識なども求められる仕事です。

テキスタイルデザイナー

製品の企画意図や用途などに基づき、服やインテリアなどの素材となるテキスタイル(布地・織物)のデザインをする仕事。生地に施すプリント染色の図案をデザインする場合と、糸や織り方から検討して絵柄をデザインする場合があります。考案した生地が生産される段階では、工場に出向いて色の染め具合や織り具合をチェックすることもあります。素材はもちろん、染色技法や加工技術についての専門的な知識が必要となります。

服を作りたい

パタンナー

ファッションデザイナーのイメージした デザイン画をもとに、服づくりに必要な型紙(パターン)をつくる専門職。平面的なデザインイメージを立体的な服に仕立てていくために、縫い代やダーツなどを計算したり、着心地までを想像して製図する能力やセンスが必須となります。また、生産しやすい縫製方法や生地の選別、ボタンのサイズ指定、納品チェックなどを行うこともあり、服飾加工全般に関する知識や技術が要求されます。

CADオペレーター

パタンナーがつくったマスターパターンをもとに、サイズ別、号数別の工業用パターンを作成。アパレルの生産ラインには欠かせない仕事で、正確さと緻密さが必要とされる職業です。

ソーイングスタッフ(縫製技術)

洋服や小物など、布地の縫製を専門に行う技術者です。洋服の袖や襟といったパーツ縫いから、展示会やコレクションなどに出展するサンプルの縫製、オートクチュールの仕立てなど、スキルに応じて仕事の内容はさまざま。高度な縫製技術力はもちろん、細かな作業を丁寧にこなせる安定した精神力が必要とされます。

生産管理

生産プランの作成から、素材や付属品の手配、さらには工場へ発注して納期や数量などの生産管理業務を行います。生産効率や品質維持を考慮して、作業工程や仕様に関する指導を行う場合もあります。

販売・企画やディレクション・管理をしたい

バイヤー

コンセプトや営業方針に従ってメーカーでは素材の、小売業では商品の仕入れを行います。消費者のニーズやシーズンごとの売れ筋を正確に見極める目が要求されると同時に、企画力、交渉力といったビジネスセンスが問われる仕事です。

プレス

ブランドやメーカーの広報・宣伝担当者。その仕事内容はマスコミ各社への商品情報の配信、商品や資料の貸し出し提供、広告掲載や商品発表会のプランニングから実行まで、多岐に渡ります。ブランドの基本方針、シーズンごとのコンセプトなどをインタビューやリリースなどで的確に伝える必要があるため、文章表現力やコミュニケーション能力が問われます。

スタイリスト

雑誌をはじめテレビ、CM、ポスターなどの撮影のために、洋服や靴、アクセサリーなどをセレクトし、コーディネートする仕事です。担当者と打ち合わせしながら企画に基づいたアイテムを用意します。ファッションセンスやトレンドに対する高い感度のほか、幅広い人脈やフットワークのよさも求められます。

ストアマネージャー

各店舗における経営責任者です。在庫管理、顧客管理、スタッフのケア、店頭ディスプレイなどさまざまな業務を任されます。経営者の視点を持つと同時に、スタッフの手本となる接客テクニックや人材を管理し育成する能力も必要となる仕事です。

ファッションアドバイザー

消費者の目的に応じた高品質のセレクトやコーディネートのアドバイス、商品や品質の特性、扱い方などを説明しながら販売する仕事。売り場での接客以外にも、在庫・売り上げの管理や適切な商品の仕入れ、リピーター客を増やすための顧客管理や販売活動といった業務も含まれます。また、現場の声として営業や企画部門へ消費者の動向を伝えることもファッションアドバイザーの大事な業務のひとつです。

オープンキャンパスに参加してDOREMEとFASHIONの魅力を体験!

オープンキャンパス 学校見学詳細を見る

学校法人杉野学園 入試広報課

東京都品川区上大崎4丁目6−19
Tel 03-3491-8151

ドレスメーカー学院の公式LINE@ @doreme
最新のオープンキャンパス情報を配信
ドレメ公式 Facebook
DOREMEの最新情報をお届け

ドレメで学ぶなら

学校法人 杉野学園 ドレスメーカー学院
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19 TEL:03-3491-8152(入試広報課)

  • ドレスメーカー学院インスタグラム
  • ドレスメーカー学院の公式LINE@
  • ドレスメーカー学院 Facebook
このページのトップへ