グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学院紹介

ホーム >  学院紹介 >  ドレメの歩み

ドレメの歩み


伝統は、一歩先へ続く。

沿革

1926
大正15年
3月、杉野芳子はドレスメーカー・スクールを東京・芝・南佐久間町和合ビルに創立。同年11月、品川区上大崎の現在地に移り、ドレスメーカー女学院と改名。
1929
昭和4年
卒業式に先生と生徒全員が自作の洋装で出席。日本で最初の制帽科を設ける。
1931
昭和6年
東京府(現・東京都)より認可を受ける。
1935
昭和10年
創立10周年の記念ファッションショーを日比谷公会堂で行ったが、これがわが国初の日本人による本格的なファッションショーであった。
1939
昭和14年
わが国最初のスタイル画教室を開設。デザイナー養成科開設。服飾デザイナーを本格的に養成する機関としては、わが国最初であった。
1946
昭和21年
戦争により閉鎖されていた学院を再開。
1948
昭和23年
夜間部を設ける。通信教育部科を設ける。
1950
昭和25年
杉野学園服飾図書館を開館。
1951
昭和26年
財団法人より学校法人に改組。
1953
昭和28年
杉野学園体育館落成。
1955
昭和30年
現在のドレメ本校舎ができる。
1957
昭和32年
杉野学園衣裳博物館開館。
1958
昭和33年
ピエール・カルダン氏の特別技術講習会を開催。
1961
昭和36年
文部省より「ドレメ通信教育講座」認可。「ドレスメーカー養成科」を新設して男子学生が初めて入学した。
1963
昭和38年
杉野学園主催、文部省・東京都後援の「全国洋裁デザインコンテスト」(現・全国ファッションデザインコンテスト)第1回を開催。
1968
昭和43年
「職業科」を新設。のちに「産業教育科」と改称。
1974
昭和49年
自由な時間に学べる「フレックスタイム洋裁科」を開講。
1976
昭和51年
専修学校制度の実施により、服飾専門課程の専門学校として発足。
1981
昭和56年
カステル・バジャック氏の特別講演会を開催。
1988
昭和63年
全科を男女共学とし、ドレスメーカー女学院をドレスメーカー学院と改める。
1989
平成1年
杉野学園ギャラリーUを開設。
1990
平成2年
アパレルコンピュータをカリキュラムに導入。アパレルコンピュータ室を開設。
1995
平成7年
服飾専門課程の本科(1年制)を「服飾造形科」と名称を変更、2年制とする。
1996
平成8年
現代の女性の体型の変化に伴った新しいファンデーション「ドレメ式原型II」を発表。
1997
平成9年
CG・CADセンターを開設。
2000
平成12年
産業教育科(2年制)を「アパレル技術科」と名称変更、3年制とする。「ファッションビジネス科」を服飾専門課程として新設。中国・淅江工程学院(現・淅江工程大学)と友好協定を結ぶ。
2002
平成14年
モスクワ国立繊維大学と日露服飾協力協定を締結。第6校舎を新設。
2003
平成15年
「ファッションデザイン科」を服飾専門課程として新設。最新のIT機器を完備した第1キャンパス(第2新校舎)を新設。
2005
平成17年
創立80周年を迎える。
2007
平成19年
高度アパレル専門科を服飾専門課程として新設。また、デザイナー科をアパレルデザイン科と名称変更し、アパレルデザイン科とファッションビジネス科にストアマネジメントコースを新設。
2009
平成21年
「ドレメ式新原型」を発表
2011
平成23年
ファッションビジネス科をファッションサービス科と名称変更し、ファッションサービス科ファッションサービスコースとストアマネージメントコースとする。
2012
平成24年
SUGINO HALL完成
2015
平成27年
創立90周年記念式典挙行
2017
平成29年
アパレル技術科、高度アパレル専門科、文部科学省より職業実践専門課程として認定される
2018
平成30年
服飾造形科、ファッションビジネス科 文部科学省より職業実践専門課程 として認定される

創設者/杉野芳子

先生と生徒が洋装で出席した卒業式(昭和4年)

パリでクリスチャン・ディオール氏と会談する杉野芳子(1954)

ピエール・カルダン氏来日。学園にて特別講習会を開催(1958)