ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界で活躍したい人のための専門学校 「Doreme ドレスメーカー学院」

Doreme ドレスメーカー学院
HOME  >  学科紹介  >  アパレル技術科

学科紹介

アパレル技術科

アパレル技術科3年制

パタンナー育成を第一目標とし、その他縫製・生産管理など、既製服の技術部門に携わる人材を育てます。
アパレル業界の仕組みを理解した上で、多種多様なデザインに対応できるパターンメーキング及び縫製の技術を身につけます。

イメージ写真

パタンナー育成を第一目標とし、その他縫製・生産管理など、既製服の技術部門に携わる人材を育てます。アパレル業界の仕組みを理解した上で、多種多様なデザインに対応できるパターンメーキング及び縫製の技術を身につけます。1年次から実習を重視し、平面構成と立体構成の両面からパターンメーキングの知識と技術を3年間でマスターします。さまざまなアイテムの服づくりの経験を重ねるうちに、パタンナーに必要なテクニックや感性、表現力、粘り強さが自然と身についてくるはずです。3年次には万全の就職サポートのもと希望のアパレル業界への就職をめざします。

アパレル技術科の特色

パターン
パターンイメージ

平面構成と立体裁断の両面から、3年間にわたってパターンメーキングの知識と技術を徹底的にマスターします。

立体(ドレーピング)
立体(ドレーピング)イメージ

立体裁断の基礎理論をもとに、立体で作成したトワルを平面製図に置き換えます。立体で表現することでバランス感覚も養います。

縫製
縫製イメージ

豊富なアイテムで服作りの経験を重ねます。早縫いの実習では縫製技術の向上と仕上がりの良し悪しを見分けられる感覚も養います。

授業内容

服飾造形・実習

服飾造形・実習[工業パターンメーキング実習]
アパレル業界で行われる縫い代付け、裏地パターン展開、縫製工場向けのパターン作成を学習、縫製仕様書も製作します。

立体構成(ドレーピング)実習

立体構成(ドレーピング)実習
人体構造や衣服の機能を理解し、衣服のバランスを確認しながら、工業用ボディを使って立体上で表現する力を養います。

工業生産実習(サンプルメーキング)

工業生産実習(サンプルメーキング)
時間内にどのように効率的に縫製するかを工程分析し、工業生産でのサンプルメーキングの重要性と縫製技術を学びます。

アパレルCAD

アパレルCAD
アパレル業界ではCADの知識と操作技術が必須条件。CADシステムを使い、パターンメーキングの知識・操作の実習を行います。

1年次
イメージ写真

パターン作成から裁断・縫製までの基礎を学びます。

服飾造形の基礎知識を理論と実習の両面からバランスよく学びます。平面構成と服飾造形などの実習にウエイトを置き、パターン作成から裁断・縫製までの基礎知識・技術を徹底してマスターします。同時にアパレル生産システムの知識を深め、CADシステムの役割も学びます。

●カリキュラム(2019年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習 I 630
立体構成(ドレーピング)実習 I 30
服飾関係 ファッション画 I 60
アパレルCG I 60
アパレルCAD I 30
アパレル素材論 I 30
服装史 15
色彩学 15
産学連携関係 マーチャンダイジング 20
特別講義 Ⅰ 15
一般科目 ファッション実用英語 30
ビジネスコンピュータ(基礎) 30
合計 965
  • ※修了に必要な総授業時間数905時間
2年次
イメージ写真

パターンメーキングの知識と技術を修得します。

デザイン感覚やシルエットなどの向上を図りながら、立体裁断と平面構成を徹底演習。パターンメーキングの知識と技術をマスターしていきます。アパレル縫製の現場に対応した実践的な授業を取り入れ、工業用の縫製順序を学習。パターンメーキング技術検定3級取得をめざします。

●カリキュラム(2019年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習 II 405
立体構成(ドレーピング)実習 II   90
自由制作 120
服飾関係 ファッション画 II 60
アパレルCG II 60
アパレルCAD II 90
アパレル素材論 II 30
パターンメーキング概論 I 30
ファッションビジネス概論 15
産学連携関係 特別講義 II 15
パターン研修 60
一般科目 中国語会話 30
ビジネスコンピュータ(応用) 30
合計 1035
  • ※修了に必要な総授業時間数900時間
3年次
イメージ写真

さらに高度な技術を徹底して鍛え上げます。

2年間で身につけた技術をベースに、レディースかメンズかを選択して、それぞれ素材やデザインの特性を考慮したパターンメーキングの技術を修得します。パタンナーに必要な総合的なモデリング能力をマスター。パターンメーキング技術検定2級取得をめざします。

●カリキュラム(2019年度例)

授業科目名 時間数
服飾造形関係 服飾造形・実習III(レディース) 420
立体構成(ドレーピング)実習 III(レディース) 90
服飾造形・実習III(メンズ) 420
立体構成(ドレーピング)実習 III(メンズ) 90
卒業制作 120
服飾関係 アパレルデザイン・商品企画 60
アパレルCG III 60
アパレルCAD III 90
アパレル素材論 Ⅲ 15
パターンメーキング概論 II 30
テキスタイルデザインゼミ(CG) 60
産学連携関係 特別講義 III 15
パターン研修 60
一般科目 ファッション実用フランス語 30
合計 1560
  • ※修了に必要な総授業時間数900時間

卒業後の進路

めざせる職種

パタンナーなど

進学

高度アパレル専門科へ編入し、パターンメーキングの知識と技術を土台に、ブランドを立ち上げられるまでに実力を高められます。4年制大学への編入も可能です。

就職

工業用パターン及びCADを取り入れた実習で身についた能力を活かし、アパレル企業のパタンナーとして就職するケースが主です。

ドレメで学ぶなら

学校法人 杉野学園 ドレスメーカー学院
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19 TEL:03-3491-8152(入試広報課)

  • ドレスメーカー学院インスタグラム
  • ドレスメーカー学院の公式LINE@
  • ドレスメーカー学院 Facebook
このページのトップへ